ファンダメンタルインデックス普及協会
 Ads by world401   確定拠出年金   個人年金保険   株式投資   海外投資   国際分散投資

日本で買えるファンダメンタルインデックス準拠の投信やETF一覧

当サイトで紹介しているように、アメリカの株式市場には、ファンダメンタルインデックス準拠のETFや投資信託が、数多く存在します。では、我々日本人が実際に購入できるものは、どれ位あるのでしょうか?このページでは、日本の証券会社や確定拠出年金制度で購入できる、ファンダメンタルインデックス準拠の商品を紹介します。データは、投稿執筆時(2012年6月末)のものです。

まず、ネット証券の米国株口座で購入できるETFが二つあります。「パワーシェアーズ・FTSE RAFI先進国市場(米国を除く)ETF」と「パワーシェアーズ・FTSE RAFI アジア太平洋(日本を除く)ETF」です。前者は米国以外の先進国ということで「MSCI EAFA」のファンダメンタルインデックス版と言えます。後者は日本以外のアジア地域とありますが、オーストラリア・韓国・香港・シンガポールの4カ国でほぼ全てとなっています。

一方で確定拠出年金用の投信では「DCダイワ新興国株式ファンダメンタル・インデックスファンド」というのが、大和証券から販売されています。2012年6月末現在、販売されている会社は大和証券・日本生命・三菱UFJ信託銀行の3社だけとなっています。 それ以外の一般の投信では、野村アセットが販売する「野村RAFI日本株投信」があるのみです。

日本で販売されているRAFI準拠の投資信託やETF(2012年6月時点)
ファンド名 分類 信託報酬 純資産残高
0.75% 1.83億ドル
0.80% 4400万ドル
0.756% 2.1億円
1.05% 50億円

・・・非常に少ないですね。日本ではファンダメンタルインデックスの普及は、まだ黎明期とすら言えないほど、未熟な状況です。当サイトで紹介しているように、データ上、株価インデックス(時価総額加重平均)を大きく上回る手法なだけに、早く日本国内でも購入できる投資信託やETFが増えて欲しいものです。

日本でファンダメンタルインデックスを根付かせる為には、投資の中心となる「アメリカ」と「新興国」を対象としたファンド・ETFが絶対に必要です。特に筆者は、最も高い利回りが期待できる、新興国のファンダメンタルインデックスを推奨します。そして、米国市場に上場している「PowerShares RAFI エマージングマーケットETF【証券コード;PXH】」を、日本のネット証券が販売してくれる事を、最も望んでいます。

基本概念 応用編 利回りデータ
ファンダメンタルインデックスとは?
時価総額加重平均が主流な理由
売上高
キャッシュフロー
株主資本
配当金
1%の超過リターンの影響力
リスク(ボラティリティ)も低い
市場が効率的ならバブルは起きない
RAFI社とロバート・アーノット
証券会社の利益も増える
債券やREITにも応用可能
スリッページ問題も生じない
等ウエイトインデックスの問題点
GWAウェルスインデックス
知名度が低い事が問題
日本で買える投信やETF一覧
確定拠出年金に導入すべき
RAFI米国大型株
RAFI米国小型株
RAFI先進国株式
RAFI新興国指数
RAFI日本株
業種別の利回りデータ

海外投資データバンク | BRICs辞典 | 俺流ヘッジファンド運用報告書
ファンダメンタルインデックス普及協会
Copyright (C) 2011 world401.com All Rights Reserved.